自律神経失調症は早めに治療しよう|原因を知ることが大切

2人の医者

自律神経関連の病気とは

看護師

自律神経失調症とは、最近、多くの人がかかっている病気の1つです。体調を整える自律神経が働かなく病気で、その症状は様々です。原因としては、生活習慣の乱れや、ストレス、飲酒習慣などが挙げられます。現代を生きてゆく人によっては、避けては通れない問題の1つなのです。

詳しくはコチラ

身体の不調を改善しよう

頭を抱える男性

自律神経失調症はうつ病とは違い、主に慢性的な身体的症状がでる状態をさします。自律神経失調症の改善には生活習慣の改善やストレスの原因の除去が挙げられます。自律神経失調症と診断されても悩みすぎないことが大切です。

詳しくはコチラ

理由なき不調を断つには

医者

「自律神経失調症」は症状に挙げられるものを総合した病名であるため、はっきりとした治療法がありません。「自律神経失調症」の原因は生活習慣の乱れだけではない場合もあります。治療の際は各症状に対する原因や対処方法を探る必要があります。

詳しくはコチラ

更年期に起きる症状とは

看護師

女性に多い病気

自律神経失調症は、女性に多い病気だと言われています。それは、女性が更年期に差し掛かると、この症状があらわれる人が多くなるからです。更年期とは閉経期を挟んだ45歳から55歳の間の期間のことです。この時期から女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が減っていきます。この分泌が減ると、それを調節していた自律神経も影響を受けてバランスが乱れてしまうのです。そのバランスの乱れで、自律神経が支配していた体の各器官も上手く作用しなくなるのです。その症状が更年期障害と呼ばれていますが、これは自律神経失調症の一つなのです。また、女性は思春期にも成長ホルモンや女性ホルモンの影響でこの病気を発症する人が多くなります。

原因のわからない症状

自律神経失調症は、病院へいってもはっきりした原因がわからないことが多い病気です。具体的な病名が付けられない場合は自律神経失調症と診断される場合が多くなります。その症状は、身体的なものと精神的なものとに分かれます。身体的なものは、のぼせやほてり、動悸、不眠、めまい、多汗など様々な症状があります。精神的なものは、緊張や不安、イライラなどの症状があり、うつ病に似た症状があらわれる人もいます。これらの症状は、治療を受けなくても自然に治まりますが、症状のひどい人はクリニックに相談しましょう。クリニックでの治療は、ホルモン注射によりホルモンを補充する方法が一般的です。また、うつ病に似た症状の出た場合は、本当のうつ病に進行する前に医師に相談することが大切です。